梅雨とは無関係!晴天の沖縄へ行こう!

沖縄の梅雨入りと台風の数

例えば関東では、毎年梅雨入りは6月中旬頃になります。一方、沖縄の梅雨入りはそれより1か月くらい早く毎年5月10日前後にやってきます。そして梅雨明けは6月下旬頃となり毎年1か月半くらい梅雨の期間が続きますが、梅雨が明けたからといってテレビや雑誌で見るきれいな海が必ずみられるわけではありません。梅雨が明けても10月頃までは頻繁に台風がやってきますが、雨の日においては、いくら海がきれいな事で有名な沖縄でもメディアを通じて見るような美しい海を見ることはできません。そして、沖縄とは春と秋でもだいぶ温暖な気候で海水浴やマリンスポーツも冬を除いて楽しめるので、天気の心配をしたくない場合は梅雨や台風のシーズンは避けるのもおすすめです。

沖縄に行くベストシーズンは?

沖縄では平均的に5月10日前後に梅雨入りしてしまい、梅雨入りしてしまったら台風が接近していなくても雨の日が増加します。また、その直前のGWは込み合う傾向にある事を考慮すると4月の時点沖縄はだいぶ暖かくて海水浴やマリンスポーツを楽しめるので4月のはじめからGW突入前までに行くのがおすすめです。また、長期旅行に行くのであれば梅雨が明けると毎日のように台風がやって来るわけではないので、7月・8月に行くにもおすすめです。ただし、1泊2日・2泊3日くらいの短期旅行の場合は夏季にいった場合、タイミング悪く台風で来てしまうとあまり楽しめずに帰る羽目になる可能性があります。そのため、短期で沖縄旅行に行く場合は梅雨も台風シーズンも過ぎた11月以降に行く形もおすすめです。