クリアブルーの海が呼んでいる!沖縄でダイビング!

那覇から船で最短20分の慶良間諸島

沖縄といえば海遊び。世界中のダイビングスポットの中でも、沖縄の海は透明度が高く有名なのですよ。沖縄に旅行に出かけたら是非体験してみましょう。ダイビングは資格がなくても短時間の体験ができる「体験ダイビング」というコースもあります。また、シュノーケリングなら誰でも無理なく参加可能です。
沖縄本島から気軽に行けるダイビングスポットとして人気なのが、慶良間諸島です。船に乗り、那覇から西へ約20分から50分程度で行ける島々なのですが、この周辺には多くのサンゴが生息し熱帯の魚たちがたくさん集まっています。ウミガメの産卵場所となっているこの慶良間諸島では、運が良ければダイビング中にウミガメに出会えますよ。
何といってもクリアブルーの海の中は、まるで別世界に迷い込んだかのような美しさです。

宮古島の八重干瀬や石垣島周辺でのダイビングも人気

時間に余裕のある方は、沖縄本島から飛行機で南西に移動し、宮古島や石垣島に滞在しながらダイビングを楽しむのも面白いかもしれません。宮古島と石垣島は、那覇から約4、50分飛行機に乗るとたどり着けます。
宮古島は、北部にある八重干瀬(やびじ)にサンゴの群生が連なり、絶好のダイビングスポットとなっています。沖縄の中でも透明度が高いことでも有名で、船の上からでも海の中が見えるほどです。ダイビングが苦手な方でもグラスボートに乗りながらサンゴ礁や魚たちを見ることができますよ。
石垣島はサンゴ礁に囲まれた島で、観光地として人気が高まっています。サンゴ礁に囲まれた内海は波も穏やかで、小さな子どもでもゆったりと海遊びが楽しめるのが特徴です。ダイビングショップも多く、マンタやウミガメを見るツアーなどが開催されています。
これらの離島は、本島よりも観光客が少なくゆっくりとダイビングが楽しめるのが魅力でしょう。